« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

宇江佐真理「斬られ権佐」

斬られ権佐
著者:宇江佐真理
出版社:集英社
サイズ:単行本/281p
発行年月:2002年05月
ISBN:4087745813

好いた惚れたは八丁堀の顔にひとすじ体に八十八の刀傷。おとこ権佐のこころ意気。江戸暮らしの哀と歓。連作時代小説。

【目次】
斬られ権佐/流れ潅頂/赤縄/下弦の月/温/六根清浄

もう少し、生かしておいて欲しかったな・・という
小学生的感想。
アームチェアーディテクティブ的な展開は考えなかったのか?
しかも、その主人公の壮絶さが、あまり描かれていない。
途中で、このキャラクター設定に無理を感じたのか?
もっと ふくらませて いくらでも書けただろうに。
残念。

宇江佐真理 「神田堀八つ下がり」

神田堀八つ下がり
著者:宇江佐真理
出版社:徳間書店
サイズ:単行本/284p
発行年月:2003年02月
ISBN:419861640X

水は心を素直にさせる。喜び、哀しみ、口惜しさ、怒り。全てを映し、受け入れ、流れゆく川。ほろりほんわか人情譚。

【目次】
どやの嬶―御厩河岸/浮かれ節―竃河岸/身は姫じゃ―佐久間河岸/百舌―本所・一ツ目河岸/愛想づかし―行徳河岸/神田堀八つ下がり―浜町河岸

江戸の街中で起きた、ちょっとした出来事の描写。
それが、人の心意気というものを大切に描かれている。
なんだか、ホッとする短編集。
いいなあ、こういう小説がたくさんあると
人生も和やかに過ごせるのだが・・。

宇江佐真理「君を乗せる舟」

君を乗せる舟
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/301p
発行年月:2005年03月
ISBN:4163237909

【ダ・ヴィンチ編集部から】
伊三次が仕える不破友之進の息子、龍之介が見習い同心になることに。この若き八丁堀純情派の目の前に、不穏な無頼派の影が立ちはだかり、龍之介たちはいかに立ち向かうのか? 大好評の時代小説シリーズ第6 弾。新展開に、著者得意の人情物語が冴えわたる。(田)

【目次】
妖刀/小春日和/八丁堀純情派/おんころころ/その道、行き止まり/君を乗せる舟

宇江佐真理 「さらば深川」「さんだらぼっち」「黒く塗れ」

さらば深川

著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/331p
発行年月:2000年07月
ISBN:4163193405

さんだらぼっち
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/255p
発行年月:2002年01月
ISBN:4163206604
芸者をやめ、茅場町の裏店で伊三次と暮し始めたお文だが、子供を折檻する近所の女房との諍いを機に家を出る。人気シリーズ第四弾

本業の廻り髪結いの傍ら、八丁堀同心のお手先をつとめる伊三次と、その思い女の深川芸者お文。「髪結い伊三次捕物余話」シリーズは捕物のスリルもさることながら、主人公ふたりの波瀾万丈の恋の道行が、多くの読者を魅了しています。
 前作の『さらば深川』で、恋の鞘当てが原因で家を焼かれたお文は、伊三次の宿に転がり込みます。深川でお職を張る生活から、突然、裏長屋のおかみさんになったお文の戸惑いを描く、艶のある筆致にご注目下さい。(文藝春秋)

家を焼かれたお文は芸者をやめ、伊三次の宿に転がり込んだ。裏長屋の女房暮しをそれなりに楽しんでいたお文だが、小さな出来事がやがて大きな波紋を呼び…。

【目次】
鬼の通る道/爪紅/さんだらぼっち/ほがらほがらと照る陽射し/時雨てよ

黒く塗れ
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/316p
発行年月:2003年09月
ISBN:4163221603

日本橋佐内町の仕舞屋で暮らしはじめた伊三次とお文に男児が誕生。大喜びの伊三次をよそに、初めての子育てに戸惑いを隠せないお文―。ますます目がはなせない人情捕物帳。

【目次】
蓮華往生/畏れ入谷の/夢おぼろ/月に霞はどでごんす/黒く塗れ/慈雨

宇江佐真理「紫紺のつばめ」

紫紺のつばめ
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/274p
発行年月:1999年02月
ISBN:4163183205

伊勢屋の旦那からの申し出に心揺れるお文。廻り髪結いの伊三次との心の隙間は広がってゆく。そんな時、伊三次に殺しの嫌疑が……
材木商伊勢屋忠兵衛からの度重なる申し出に心揺れる、深川芸者のお文。
一方、本業の髪結いの傍ら同心の小者を務める伊三次は、
頻発する幼女殺しに忙殺され、二人の心の隙間は広がってゆく……。
別れ、裏切り、友の死、そして仇討ち。
世の中の道理では割り切れない人の痛みを描く人気シリーズ、
波瀾の第二弾。(文藝春秋)

宇江佐真理 「幻の声」

幻の声
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/253p
発行年月:1997年04月
ISBN:4163168702

町方同心のお手先をつとめる廻り髪結いの伊三次。
恋しい思い女・深川芸者のお文に後ろ髪を引かれながら、
今日も江戸の巷を東奔西走…
オール読物新人賞受賞。

【目次】
幻の声/暁の雲/赤い闇/備後表/星の降る夜

久しぶりに面白い作家を見つけた。
時代設定も、よく知った寛政の改革期。
山東京伝の店なんかも 出てくる。
この作家は、時代物が得意らしく、この作品は直木賞候補に
なったようだ。
登場人物の設定が細やかに良く書き分けられている。
捕物帖に走らず、人情物に付きもののドロドロ感もなく
程良く、バランス良く作品がまとめられている。
おもしろい。

恩田陸「チョコレートコスモス」

チョコレートコスモス
著者:恩田陸
出版社:毎日新聞社
サイズ:単行本/516p
発行年月:2006年03月
ISBN:462010700X
本体価格 1,600円

ダヴィンチ 2006年5月号
掲載 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。
どこまで行けばいいのか、どこまで行けるのか……
稀代のストーリーテラー恩田陸が放つ、少女たちの熱狂と陶酔の演劇ロマン。
演じる者だけが見ることのできる、おそるべき世界が、いま目前にあらわれる(薫)

サンデー毎日連載(04年6月~05年8月)の単行本化。

内容的には、深くない 軽い読み物。
恩田陸らしい、読みやすい文体で時間をつぶしてくれる。
ふくらませれば、いくらでも長く出来そうなテーマなのに。
軽く済ませている。
いつもながら、もっと長編なら良いのに・・・と思った。

舛田光洋 夢をかなえる「そうじ力」

夢をかなえる「そうじ力」

夢をかなえる「そうじ力」

人生カンタンリセット!

著者:舛田光洋
出版社:総合法令出版
サイズ:単行本/160p
発行年月:2005年08月
ISBN:4893469126
本体価格 1,200円

仕事・お金・恋愛・家庭・健康…ぞうきん一枚で大逆転。ディズニーランドの成功のヒミツはそうじにあった。

【目次】
1章 人生を劇的に変える「そうじ力」(人生に満足していますか?部屋はキレイですか?/不幸の磁場をつくる汚い部屋 ほか)/2章 どん底からよみがえる驚異のパワー「マイナスを取り除くそうじ力」(プラス思考だけでは失敗する理由/成功を阻むマイナスエネルギーの取り除き方 ほか)/3章 夢をかなえる強運パワー「プラスを引き寄せるそうじ力」(あなたの夢は何ですか?/すべての成功者が使っているゴールデンルール ほか)/4章 21日目、あなたは成功者体質になる!(強烈な三日坊主のすすめ/21日目、強力なパワーが生まれる! ほか)

これといって、得られた情報なし。
お掃除お奨め本

望月諒子「呪い人形」

呪い人形

著者:望月諒子
出版社:集英社
サイズ:文庫/474p
発行年月:2004年08月

不適切な処置で患者を死なせてしまったとして大学病院を追放された若き医師・工藤。
その患者が悪徳宗教家だったため、正義に駆られた殺人の疑いまで着せられた。
再起を期して勤務した地方の病院で、青年が不審死を遂げる。
工藤はまたも疑いをかけられた…。
次々と死んでゆく「悪人」たちと、彼らを呪殺したと主張する老婆。
多くの虚構を抱える医療、マスコミ現場の闇を描く書下ろし。

今回の作品も、面白く読めた。
しかし、これは 単に私見だが 似たような登場人物が多すぎる。
もちろん、厳密にいうと違うのだが 私には同じ空気を持った
登場人物ばかりに感じられる。
よって、読書時間が細切れだった今回の読書スタイルでは
どうも 楽しめなかった。
あまりにも登場人物に「等分」に語らせすぎ?
そんな気がする。

コマカフェ

リンク: コマカフェ.......トッピクスのページ。

Ent_p02

ここへ行きたいなあ~。

コマカフェ
〒579-8013東大阪市西石切町1-10-3
AM11:00 ~ PM18:30 LO

散歩道

散歩道

中環は、どうやって越えるのかしら?

6月4日(日曜日)

晴れ
トマトの移動

恩田陸「ドミノ」

ドミノ
著者:恩田陸
出版社:角川書店
サイズ:単行本/340p 発行年月:2001年07月

迫りくるタイムリミットもつれあう28のマトリクス。
必死の思いでかけまわる人々が入り乱れて
ぶつかりあって倒れ始めたドミノはもう、誰にも止められない。

単なるドタバタコメディー。
こういう話は、大嫌い。
前半1/3くらいまでは、楽しく読める。
けれども、話が見えてきたら もう その諄さに
辟易する。
読後、無駄な時間を過ごしたと 後悔しきり。
恩田陸の作品には、たまにそういうものがある。
筆者のストレス発散?または 良く言えば
実験的。
それでも、最後まで読めるのは、文体が読みやすいからだろう。

6月2日(金曜日)

<今週の健康面>
気温も上がってきたので、活動しやすく
朝の低体温が解消されつつある。
1日1400kcalを摂取することが、やはり 身体には
必要なのだと 実感。
来週は、夫君の為に「鉄分強化週間」にしてみようかしら。

<天気予報>
晴れのち曇り
最高気温27度
降水確率 0%~10%
紫外線 強い

<朝食:452kcal>
Dscf4397 オールブラン・スペシャルK
ブルーベリーヨーグルト
根菜の煮物


<昼食:519kcal>
Dscf4398 冷やし中華 サラダ・わかめ
キムチ



<夕食:481kcal>
Dscf4399 野菜たっぷりショートパスタ

望月諒子「殺人者」

殺人者
殺人者
集英社文庫
著者:望月諒子
出版社:集英社
サイズ:文庫/403p
発行年月:2004年06月

大阪のホテルで、連続して二人の男が猟奇的な方法で殺害された。
フリージャーナリスト・木部美智子のもとに、取材依頼が舞い込む。
その結果、ひとりの容疑者が浮かぶが、逮捕直前、美智子の目の前で自殺を遂げる。
しかし、意外な事実が明らかになり、新たな殺人が…。
『神の手』で注目を浴びた大型新人が「小説の面白さ」を追求した渾身のデビュー第二作。

結末は、完全犯罪を臭わせて終わっているがどうなのだろう。

「人の心の中なんて、理解する必要があるんでしょうか」

この一言に、この作品のすべてが表されているようだ。
一応、ミステリーとしての解決はしているがどこか、すっきりとしないものを残して終結する。

6月1日(木曜日)

6月 目標
食費監視月間
1日1400kcal厳守
GYMは軽く歩きに行くつもりで

暑い1日だった。
GYMはリフレッシュしたばかりで、すごい人出。
シャワールームも並んで順番待ちするほど。

<本日の天気予報> 
降水確率 0%
最高気温 30度
紫外線  強い

<朝食>
Dscf4393 トースト トマト・キュウリ・山芋サラダ
ベーコンエッグ ヨーグルト ブルーベリー



<昼食>
リエータ

<夕食>
ひね鶏とキノコのホイル焼 トマト・キュウリ・山芋サラダ
根菜の煮物 雑穀入りご飯 めかぶの酢の物

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »