« 舛田光洋 夢をかなえる「そうじ力」 | トップページ | 宇江佐真理 「幻の声」 »

恩田陸「チョコレートコスモス」

チョコレートコスモス
著者:恩田陸
出版社:毎日新聞社
サイズ:単行本/516p
発行年月:2006年03月
ISBN:462010700X
本体価格 1,600円

ダヴィンチ 2006年5月号
掲載 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。
どこまで行けばいいのか、どこまで行けるのか……
稀代のストーリーテラー恩田陸が放つ、少女たちの熱狂と陶酔の演劇ロマン。
演じる者だけが見ることのできる、おそるべき世界が、いま目前にあらわれる(薫)

サンデー毎日連載(04年6月~05年8月)の単行本化。

内容的には、深くない 軽い読み物。
恩田陸らしい、読みやすい文体で時間をつぶしてくれる。
ふくらませれば、いくらでも長く出来そうなテーマなのに。
軽く済ませている。
いつもながら、もっと長編なら良いのに・・・と思った。

« 舛田光洋 夢をかなえる「そうじ力」 | トップページ | 宇江佐真理 「幻の声」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舛田光洋 夢をかなえる「そうじ力」 | トップページ | 宇江佐真理 「幻の声」 »