« 宇江佐真理 「幻の声」 | トップページ | 宇江佐真理 「さらば深川」「さんだらぼっち」「黒く塗れ」 »

宇江佐真理「紫紺のつばめ」

紫紺のつばめ
著者:宇江佐真理
出版社:文藝春秋
サイズ:単行本/274p
発行年月:1999年02月
ISBN:4163183205

伊勢屋の旦那からの申し出に心揺れるお文。廻り髪結いの伊三次との心の隙間は広がってゆく。そんな時、伊三次に殺しの嫌疑が……
材木商伊勢屋忠兵衛からの度重なる申し出に心揺れる、深川芸者のお文。
一方、本業の髪結いの傍ら同心の小者を務める伊三次は、
頻発する幼女殺しに忙殺され、二人の心の隙間は広がってゆく……。
別れ、裏切り、友の死、そして仇討ち。
世の中の道理では割り切れない人の痛みを描く人気シリーズ、
波瀾の第二弾。(文藝春秋)

« 宇江佐真理 「幻の声」 | トップページ | 宇江佐真理 「さらば深川」「さんだらぼっち」「黒く塗れ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇江佐真理 「幻の声」 | トップページ | 宇江佐真理 「さらば深川」「さんだらぼっち」「黒く塗れ」 »