« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

焼き肉 「千久左」

Dscf4693 千久左
0729-22-1529
八尾市本町5丁目7-19

最近、口コミでその美味しさが広がったセイでしょうか?
土曜・日曜は、電話予約なしでは食べられない状態みたいです。
昨日も行って来ました。

古い商店街なので、イメージとしては
ちょっと キタナイお店では?と 思われるかもしれませんが
ここは、きれいです。
新しいのかな?とにかく 清潔なので
そういう面で、不快な思いはしたことがありません。
接客してくださる女性も、とっても気持ちよく対応してくれるので
彼女のファンも多いのでは?と 思います。

我が家では、面白がって ちょっと足を延ばして
松阪牛や、近江牛などを現地まで 食べに行きますが
まだ、この店より美味しい肉にあたったことがありません。

Dscf4692この店のお肉にも
いろいろあるし、食べる人の好みもあるので
なんとも言えませんが
私個人の嗜好からすると、カルビとコリコリがお薦めです。
夫君はウルテが好きみたいで、毎回注文しています。

何故か、ここのロースは私の趣味ではない・・・。
何故なんだろう・・・?

大崎梢 「配達あかずきん」

配達あかずきん
著者:大崎梢
出版社:東京創元社
サイズ:単行本/238p
発行年月:2006年05月
ISBN:4488017266

近所の老人に頼まれた謎の探求書リスト、コミック購入後に失踪した母の行方を捜す女性、
配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真。
駅ビル内の書店・成風堂書店を舞台に、書店員の杏子と多絵が5つの謎を解く。
初の本格書店ミステリ第1弾。

「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。
コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。
配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。
駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、
勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。
初の本格書店ミステリ、第一弾。


軽く、半日で読めてしまうミステリー。
ミステリーというには、あまりにも身近な問題を解決する。
けれど、そんな血なまぐさくないミステリーも良い感じだ。
嘗て、私にも常に立ち寄る書店が何カ所もあった。
だから、この作品で語られている書店内の光景は
そんな嘗ての私の日常生活の一コマにあてはめて
とても、懐かしく思い出される。
今の私には、慣れ親しんだ書店がない。
書棚に並ぶ背表紙でわくわくとするような事がなくなっているのだ。
今は、もっぱらネットで検索して、図書館へ直行・・・というパターンが多い。
それを、便利とも思うし、また物足りないと感じているのも事実だ。

気の利いた選別眼を持った、個性的な書店・・・。
そんな書店をさがして、散財する時期が過ぎてしまったのを
懐かしく、そして切なく思いつつ・・・。

蕎麦 「いづみや」 和泉市

Dscf4721 いづみや 0725-54-1146
大阪府和泉市春木町1023-3

11:00~20:00
月曜休み P18台


ここの蕎麦は 美味しい!
そばつゆは、関西人向きでは ないのかな?
辛めの濃いそばつゆです。

Dscf4716_2  Dscf4717_1








朝食が遅かったため、「ひめざる」という 少量タイプをオーダーしました。
これが、実に 美味しかったです。
夫君は、辛み大根せいろを頼んだのですが
これもまた、辛み大根の香りとピリリとする辛みが効いていて
実に美味しかった♪

これから、「蕎麦が食べたいね」となったら
我が家はココまで 足を伸ばすことになりそうです。

美味しい蕎麦 万歳♪

青山七恵 「窓の灯」

窓の灯(あかり)
著者:青山七恵
出版社:河出書房新社
サイズ:単行本/119p
発行年月:2005年11月
ISBN:4309017371

大学を辞め、時に取り残されたような喫茶店で働く私。
向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課の私は、
やがて夜の街を徘徊するようになり――
夜の闇、窓の灯、ミカド姉さんと男達……
ゆるやかな官能を奏でる第42回文藝賞受賞作。

読後感は、裏道から見える 町の灯・・・そんな感じ。
良くできた題名だと思う。
若い、作者だということ。
今後がとても 楽しみ。

是非、長く書き続けて欲しい。

いつもと変わらない食事

Dscf4689 朝食:シリアル ヨーグルト ブルーベリー 野菜のマリネ






Dscf4691 昼食:ベーグル3種類 野菜のマリネ ポテトサラダ






今晩は何にしましょう?お腹空いてきたけれど、頭が回らないので
何して良いのかわからないのです。

今日は、ご近所の「メロンちゃん」からセロリを頂きました。
関西ではまともなセロリが売ってない!と どこかでぼやきましたが
立派なセロリでした。
セロリ料理・・・生で食べる事しか知らない私。ちょっと 検索♪

インカのめざめ

Dscf4685 「インカのめざめ」という種類のジャガイモをご存じでしょうか?
ネットで調べたところによりますと、

南米アンデス原産のポテトを品種改良したジャガイモ。ジャガイモの糖度は一般 的に5度程度なのに対して、インカのめざめは8度と糖度が高く、甘みと濃厚な味わいが特徴で、ねっとりした口当たりとさつまいものような食感があります。しかし疫病や害虫に弱く、栽培が難しいのが難点。中の実は鮮やかなオレンジ色で栗やかぼちゃを思わせます。見た目は、普通 のジャガイモよりもひと回りほど小さめで、かなりバラツキがあります。


↑このような説明がしてありました。
先日、岡山方面まで おいしい物を訪ねて3000里をしたときに
途中の道の駅の産直コーナーで見つけたので買ってみました。
これと、「インカレッド」という 赤いジャガイモも一緒に購入。

以前、ペルーに行ったときに、現地のジャガイモの種類の多さと
その美味しさの虜になったのです。
なので、あの美味しい味がもう一度味わえるのかしら♪
と、期待を込めて購入。
Dscf4686 ジャガイモを茹でて半分に割ってみますと
その色はまるで かぼちゃ。
でんぷん質が豊富なのでしょう。
粘りがあります。
味は、糖度が高いと説明にあるとおり、甘めです。

アンデスでは、このジャガイモはお祭りなど、
特別の時に食べる種類の芋だそです。

なんばグーテ

Photoなんばグーテ
〒542-00766 大阪市中央区難波2丁目 ナンバウォーク1番街内 06-6213-2088
営業時間/8時~21時、定休日/地下街の定休日(基本は第3水曜日)

『グーテ』(Die Gute)
※『グーテ』はドイツ語で『良質』とか『好意に感謝する』という意味
エーワンベーカリーのリニューアルブランド

BAGEL★K

Dscf4671 ベーグル★K.

西武B1で、最近 やっとベーグルが買えるようになりましたねえ。
嬉しい限りです♪

しかも、写真手前の「ベーグルバー」というものは、
ダイエッターの味方♪
小麦・麦芽・カラス麦・全粒粉・キビ
レーズン・ナツメヤシ・クランベリー・アップル
等が入っており、動物性タンパク・油脂は使用してない、
コレステロール0%という ヘルシーブレッド♪

コレを、BAGEL Kのサイトで見てから、試してみたくて
いっそ、ネット買いしてしまおうか?と 思っていたのですが
ようやく 八尾西武でも置くようになりました。

早速購入♪
味や、食感は可もなく不可もなし・・といったところ。
けれど、これの中に含まれる栄養素や素材などを考えると
もう、まちがいなく、私のなかでは
文句なしの一品!

Dscf4683 今日のランチは、こんな感じにしてみました。
野菜類は、前日からマリネにしておいたものと
ベビーリーフ。
マリネにしておくと、日持ちもするし 美味しいし
彩りもきれい♪
一人だけのランチでも、ちょっと「それらしく」盛りつけ出来ます。

ベーグル98g 269kcal
サラダ160g 86kcal
チーズ25g 85kcal   合計440kcal

「はなぞの」 関市・ひつまぶし

Dscf4662
〒501-3835 岐阜県関市観音前41番地  
TEL 0575-22-0402



<営業時間>
昼 / 午前11:00~午後2:30(日曜日3:00まで)
 オーダーストップ / 平日 午後2:00(日・祝日 午後2:30まで)
夜 / 午後5:00~午後9:00 オーダーストップ / 午後8:45
<定休日>
毎週水曜日

Dscf4666 この梅雨の時期になると、何故か食べたくなるのが
鰻。
どれくらい食べたくなるかといえば、

「何が何でも食べたい!」
しかも、すご~~~く美味しい鰻じゃないと
満足出来ない!
もう、駄々っ子状態です。

ということで、今年の梅雨は、岐阜県関市まで美味しい鰻を求めて
遠征することとなりました。
(鰻を食べる為だけに 行くのです)

実は、このお店、2年前のちょうどこの時期にも 探して
遠征をしたのですが、とうとう見つけることが出来ずに
この近辺の他の「美味しい」と評判の店に行ったのですが
それが、すごく 不味くて・・・。
別の日に高麗橋にある老舗に行き直したという
過去があります。

今回はちゃんと 到着しました!

数年前に夫君が出張中にたまたまこの店に訪れ、
しかも 何の予備知識もなく
この店の鰻を食べたことから 
全ては始まっています。
Dscf4667 美味しかった、美味しかったと 何度も家では語られていた
幻の名店だったわけです。

どうです! このアップ!!
もう、今見ても 食べたくなります。

今回は、ひつまぶしで戴きました。
1杯目は、そのまま
2杯目は、薬味を乗せて(のり・ネギ・わさび)
3杯目は、薬味を載せ、さらにだし汁をかけて 戴きます。

もぉぉ~~、ここのは強烈に美味しかったです。
特に、私は2杯目の薬味乗せが気に入りました。
美味しい鰻とわさびって とっても合うんですね~。
目から鱗が落ちたって感じでした。

もちろん、以前にもひつまぶしは食べた事があったのですが
その時は、鰻が美味しくなかったのか
薬味を乗せると、味が惚けてしまって
「邪道!」だと、感じました。
が!!何度も言いますが、今回のは 美味しい~~♪

関市内で、35年続く炭火焼ひつまぶしのお店。
これで1800円程度!
納得の味と値段!

ああ~~、また 行きたい。

創作和食 まどい

創作和食 まどい

〒581-0802 大阪府八尾市北本町1-3-30
ハーモニアス北本町2F
0729-99-0150
木曜日

Dscf4616 先日、どうしても「天使の誘惑」を飲みたくなり
「創作和食 まどい」へ出かけました。

ここは、リーズナブルでありながら
こしらえのよい料理を出してくれるお店です。
焼酎の種類もたくさんあります。

Dscf4617 関西の夏といえば 鱧(はも)ですよね。
ここの鱧は、湯引きしたものを少しだけ炙って
甘みを引き出してあります。
かぼすを搾って、醤油でいただきます。
今回は、梅肉も添えてあり
関西の鱧の定番の味となっていました。
実は、この数週間前にも ここにでかけて
鱧をいただいたのですが、そのときには 鱧がもっと 芳醇な味わいで
かぼすを搾って頂くのが とっても合っていて素晴らしかったのです。
鱧は、夏の食べ物という イメージがありますが
実際の旬って いつなんでしょうね?

Dscf4618 蓮根饅頭
この蓮根饅頭は、この写真じゃわかりませんが
大きいのです。
これだけで、かなりのボリュームです。
とにかく、さくさくとした蓮根の歯触りが良い♪
蓮根料理を楽しみたいのなら
お奨めの一品です。

Dscf4619 冷や奴
この冷や奴はおぼろ豆腐風で、とても滑らか。
豆の甘さが広がります。


Dscf4620 アスパラとフルーツトマトのサラダ
長いもも拍子木切りで 入っていました。






Dscf4621 あゆの塩焼き
ん・・・これは もうちょっと カリっと
焼き上げて欲しかったな・・。





Dscf4622 軟骨入りつくね
これは、味が濃いのですが 美味しいです。
もともと 軟骨もつくねも好きなので
無条件で「好き」という評価になってしまうのですが。




Dscf4623 自家製のイカの塩辛
これは 美味しい♪
毎回、必ず頼みます。
自分で作れるといいのですが、
なかなか 鮮度の良いイカというのが
どういうものなのか 分からないので
キケンで作れません。

Dscf4624 鯛のカルパッチョ
本来、前菜ですよね?
最後に頼んでしまいました。
いい加減、お腹一杯だったので
どういう味だったか 忘れてしまいました。
次回、もう一度 頼んでみようかしら?


という感じで、食べまくりました。
あれ・・・ダイエット中だったのでは?
というささやきも、無視しつづけ
満腹。

この後、鬼のような 体重増が待っていました。
そして、全身の浮腫・・。
やっぱり 塩分過多だったのかな?と
反省。
けれども、次回、この店にもう一度行ったとして
どれを抜かせばよいのか、わかりません~。

焼酎「天使の誘惑」 おいしかった♪
あ~~ん、大好き♪

ロバート・アスプリン「銀河お騒がせ中隊」

著者:ロバート・アスプリン斎藤伯好
出版社:
早川書房
サイズ:文庫/393p
発行年月:1992年02月
ISBN:4150109613

銀河最大の兵器会社の御曹司で億万長者、そのうえ宇宙軍中尉のウィラード・フール。そのフールはとんでもないドジをふみ、罰として辺境惑星に駐留するオメガ中隊指揮官に任ぜられてしまった。オメガ中隊―それは宇宙軍の落ちこぼれの吹きだまり。このはみだし連中を立派な兵士にしてやる。思いたったが百年め。鋭い頭脳と豊富な財力にモノをいわせたフールの大活躍が始まった…。爆笑の痛快ユーモア・ミリタリーSF。

「銀河おさわがせパラダイス」
「銀河おさわがせマニー」


知人に紹介されて、読み始めたけれど
読むのが辛い!
あまりにも稚拙で 読みがたい。
3冊読んだから 許してほしぃ・・。
図書館で5冊借りてきたけれど、2冊は読まずに返却!

昨晩のおかず

Dscf4626 ニフティーのメンテナンスがやっと終了しました。
これで、多少はスムーズにblogを更新できるように
なるのなら、うれしいのですが。

さて、久しぶりに「突撃我が家の夕ご飯」です。
写真左上に写っているサラダは、
レタスは、高原レタスですが、プチトマトと
ルッコラは、我が家でとれたものです。
そのとなりは、義母さんから頂いた 小アジの南蛮漬け
右がこれまた 我が家でとれた きゅうりでつくった 梅肉和えです。

古代米に根菜の煮物。
昨日の残りの餃子をワンタンスープ風に仕立てた物。

この後、ナイトウォーキングに出かけました。
結構、歩いている人 多いのです。
お友達同士、ご夫婦。
または、サウナスーツを着込んで 眉間にしわをよせて
カシャカシャ 必死に歩いている人(ちょっと 怖い)

なかなかの賑わい。
ちょっとした 旅行の夕涼みみたいで
良い時間です。

お菓子の工房 カランリーヌ

Dscf4611

子の工房 カランリーヌ.
〒579-8064
東大阪市池島町3-3-47 パルエミール1F
Tel&Fax:0729-85-1381
OPEN:10:00-21:00喫茶は20:00まで
定休日:水曜

このところ、休日出勤が続いている 夫君が
取引先の人に連れられて 昨晩 ケーキを買ってきてくれました。

う~~ん、私 ダイエット中なのよね~~。
Dscf4605
と、思いながらも21:30に ぺろりと2つほど
頂いてしまいました。
こんな事してたら、太るのよねえ・・・。
一つ目は、先の写真の チェリータルト。
それは、大きめのアメリカンチェリーがカスタードクリームの上に
ゴロゴロと乗っており、小さめで 甘みは抑えめながらも
濃厚な感じ。

2個目は、ブルーベリー・レアチーズケーキ。
フレッシュブルーベリーが乗った、濃いレアチーズの中に
ブルーベリーソースが入ったもの。
こちらも、小さめながら 満足な一品。

昨日は、なんとなく チーズが食べたかったので
嬉しかった♪

ごちそうさま♪

柳生 花しょうぶ園

Dscf4544花しょうぶ開園期間
5月25日~6月30日
花のお問い合わせ
0742-94-0858(期間中のみ)
入園料大人650円・子供350円

入り口部分をみると、たいしたことなさそうな感じですが、
これが、なかなか 見応えのある花しょうぶ園。
入園料650円分は、充分味わえます。

花菖蒲だけでなく、あじさい、睡蓮なども さいており
なかなかの広さがあります。

雪花の郷

Dscf1777 雪花の郷/店舗案内


所在地:大阪市港区築港4-4-23
営業時間:10:00~20:00 不定休
TEL:06-6576-8688

去年の夏に海遊館の帰りによった 台湾スイーツのみせ。
ここは、ちょっとかわった かき氷が置いてある。

Dscf1781
氷部分のアップです。
通常のかき氷との違いがわかると 思います。
氷の表面をとてもよく切れるナイフで
薄皮を削るように 掻き取った感じになっています。

柔らかで する~~っと 溶けてしまって
はかない感じの 上品なかき氷。
いままでにない 食感です。

ところで、このお店はまだあるのでしょうか?
ネット検索しても 去年の記事しか でてきません。
お出かけになったときには、是非 コメントを♪

宇江佐真理 「涙堂」

涙堂
琴女癸酉日記
著者:宇江佐真理
出版社:講談社
サイズ:単行本/237p
発行年月:2002年03月
ISBN:4062111942

この町と人々を慈しみ、元同心の妻・琴が綴る笑いと涙と優しさに溢れた日々。江戸市井小説の名手が描く連作短編集。

【目次】
白蛇騒動/近星/魑魅魍魎/笑い般若/土中の鯉/涙堂

気の利いたせりふ回しや、日記言葉がでてきて
興味深い。
こういう日記が書けたら良いなと 思うが
なかなか そうは行かない。

宇江佐真理 「室の梅」

室の梅
おろく医者覚え帖

著者:宇江佐真理
出版社:講談社
サイズ:単行本/232p
発行年月:1998年08月
ISBN:4062092670

奉行所検屍役・美馬正哲と産婆お杏。人の死と生に立ちあう夫婦が難事件を解き明かす!時代小説の新しい旗手が描く人情味あふれる捕物帖。

なかなか 面白かった。
しかし、史実との無理矢理のすりあわせは ちょっと いただけない。
その不自然さがめだってしまっていた。
死と生が、実は同種のものだということを作者は言いたいのだろうか?

ダン・ブラウン 「パズル・パレス(上)(下)」

パズル・パレス(上)
著者:ダン・ブラウン /越前敏弥
出版社:角川書店
サイズ:単行本/300p
発行年月:2006年04月
ISBN:4047915173

全通信を傍受・解読できるNSAのスーパーコンピュータ「トランスレータ」が狙われる。対テロ対策として開発されたが、一般市民の通信全てをも監視可能なこのコンピュータの存在は決して公にできない国家機密であった。だが、この状況に憤った元スタッフが、自ら開発した「デジタル・フォートレス」という解読不可能な暗号ソフトを楯に、「トランスレータ」の公表を迫ったのだ。このソフトが流布されれば、アメリカは完全に無防備になってしまう…。

パズル・パレス(下)
ISBN:4047915181

NSA暗号解読官スーザンは「デジタル・フォートレス」を「トランスレータ」で解読しようとするが、解読どころか、NSAそのものの機能さえも麻痺してしまうという絶体絶命の事態に…。ソフトを凍結させるパスワードを求めて、アメリカ、スペイン、そして日本を舞台に、タイムリミットの暗号解読作戦が、今、始まった!個人のプライバシーと国家安全保障とが対立する、情報化時代のテロリズムをスリリングに描いた、鮮烈なデビュー作。

なるほど、これがデビュー作なのね・・・という出来。
読みにくい 日本名を持つ登場人物。
最初、日本人だとは 思わなかった程。
ダン・ブラウンは もう少しリサーチ不足を感じさせる。
さらさらと、すぐに読めてしまう 軽いもの。
旅行中などの暇つぶしには ちょうど良い。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »