« うどん 「さか栄」 | トップページ | 奈良まほろばソムリエ検定 »

酒饅頭家元「喜八洲総本舗」-みたらし団子

Dscf4801 酒饅頭家元「喜八洲総本舗」-みたらし団子

お団子をおみやげに頂きました。
十三にある、TVでも時折紹介されるお団子らしいです。
食べてみましたら、お団子自体も甘く
柔らか~~く、食べやすい俵型で
醤油タレも、なめらかでまろやかなお味で
なかなかGoodでした。
Dscf4793 包み紙は、写真の通り。
右側はきんつば、左がみたらし団子です。

きんつばは、生まれてはじめて食べたので
コレが美味しいのか、そこそこなのか
判断ができません。
あんこは、粒あん。
その粒も小豆のままの形が残っているほどの粒あん。
甘さひかえめ。そとの皮は薄く柔らかい。

きんつばの外側の皮って、砂糖で固めたんじゃ ないんだ~~
今まで、外側は砂糖の薄皮だと 思ってました。
ふ~~ん。

意地悪ばあさんが、梅干しすっぱ口で
意地汚く「きんつば!」って良いながら
食べているイメージがつよくって
なんだお下品なお茶請けって 思っていたけれど
どうなんでしょ?

美味しかったけど(笑)

ウィキペディアより
きんつば(金鍔)は、金鍔焼きの略称で、和菓子のひとつ。小麦粉を水でこねて薄く伸ばした生地で粒餡を包み、円く平らな円盤型に形を整え、油を引いた平鍋で両面と側面を焼いたもの。
角型(直方体状)をしている「角きんつば」は、明治時代に考案されたもので、寒天を用いて粒餡を四角く固めたものの各面に、小麦粉を水でゆるく溶いた生地を付けながら、熱した銅板上で一面ずつ焼いてつくる。サツマイモでつくった芋餡を包んだもの、もしくは四角く切った芋ようかんの各面に生地を付けて焼いたものは「薩摩きんつば」と呼ばれる。

もともとは江戸時代中期に京都で考案された菓子であり、上新粉(米粉)で作った生地で餡を包んで同様に焼いたもの。当時は、その形状と色から「ぎんつば(銀鍔)」と呼ばれていた。

製法が京都から江戸に伝わると、「銀よりも金のほうが景気が良い」との理由から、材料が小麦粉に、また名前が「きんつば」に変わったとされている。

« うどん 「さか栄」 | トップページ | 奈良まほろばソムリエ検定 »

コメント

『喜八洲のみたらし団子』って、おみやげの定番のひとつだわ。私はもうちょっと歯ごたえがあるほうが好きだけれど、時々買います。
どこでも売っているし(私は大阪駅大丸を利用)、お財布にもやさしいし・・・。
でも、1本では売ってくれないの・・・(串を食べながら、休憩したいこともあるのに)。

金鍔が初めて!ってのにはビックリしたわ!
これまた、おやつの定番。 
『本高砂屋のきんつば』が一番有名かな~。 
『喜八洲のお団子』や『551の豚マン』と一緒で、デパートでは実演つきなので、誰もが目撃しているはず・・・と思い込んでいた!
関西限定なのかなあ・・・

こんなに暑くても、cheshaも食欲はあるようで・・・よかったヨカッタ?

どんなに暑くても、食欲は衰えないcheshaです。(笑)

そうなんだ、おやつの定番なのね。
551の豚まんも、こっちに来るようになってから知りました。
ミックスジュースもね(笑)

なかなかお手頃で、よいお茶請けだよねえ。

ところで、どなたでしょ?
お名前書いて~~~(汗

そうか・・・名無しだったのね!

食べる仲間=marizでした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うどん 「さか栄」 | トップページ | 奈良まほろばソムリエ検定 »