« 今週の読破本 | トップページ | 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 »

本日の積ん読情報

12月22日 返却予定

「桜花を見た」 宇江佐真理
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 380p
発行年月: 2004年06月
ISBN:4163231005

日本橋「いせ辰」の手代、英助には誰にも言えない秘密がある。それは北町奉行、遠山左衛門尉景元の落し胤ということ…。表題作ほか、葛飾北斎の娘応為、蛎崎波響に材をとった「酔いもせず」「夷酋列像」など、充実の傑作中篇集。

【目次】
桜花を見た/別れ雲/酔いもせず/夷酋列像/シクシピリカ

「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 225p
発行年月: 1998年01月
ISBN:4087743160
第10回小説すばる新人賞受賞作。
文章は軽妙にしてユーモアに満ち、話は風刺の力にあふれて爽快であり、近ごろ稀な快作である。

「なかよし小鳩組」 荻原浩
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 318p
発行年月: 1998年10月
ISBN:4087752429

「噂」 荻原浩
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 380p
発行年月: 2001年02月
ISBN:4062104636
香水の販売戦略で流した都市伝説のはずだったのに…。
ニューヨークから来た殺人鬼が渋谷に出没。
ついに女子高校生が足首を切り落とされた。
渋谷系ミステリーの誕生。

« 今週の読破本 | トップページ | 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の読破本 | トップページ | 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 »