« 積ん読 | トップページ | 本日の積ん読情報 »

今週の読破本

「深尾くれない」 宇江佐真理
読むのに苦労した。
前半、「これは、研究資料か?」と思う程の 史実、資料の羅列。
何度 読むのを止めようと思った事か。
後半は、それなりに 小説となっているけれど
それまでの作品と比べ、精彩に欠く。
何か、新しい作品の形にトライしているのか?

「銀の雨」 宇江佐 真理
「深川恋物語」 宇江佐真理
「三日月が丸くなるまで」 宇江佐真理
「聞き屋与平」 宇江佐真理

実は、この4冊、今週読んだばかりなのだが、
すでにその記憶が曖昧。
記憶にやさしい TVドラマの様に 脳内をすり抜けた感じ。(笑)

「晩夏に捧ぐ」 大崎梢
以前読んだ 「配達あかずきん」の続編。
本屋でおきた事件を解決するという物。
本屋好きには よく分かる感じではある。
けれど、なにか 物足りないような不安定な
なんというか・・・・稚拙さが残る作品。
今後が楽しみな作家ではある。

« 積ん読 | トップページ | 本日の積ん読情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 積ん読 | トップページ | 本日の積ん読情報 »