« しをんのしおり:三浦しをん | トップページ | 奴の小万と呼ばれた女:松井今朝子 »

枕詞の暗号:藤村由加

タイトル 枕詞の暗号
著者/監督/Artist 藤村 由加
価格, 出版 ¥ 620 新潮社
評価
2007-01-31

【「BOOK」データベースより】
「意味不明」「語義未詳」??枕詞の解釈は、常にこうした説明がつきまとう。しかしわずか三十一文字の和歌の多くの部分が、意味のない字句ということがありうるだろうか。「あしびきの」はなぜ「山」にかかるのか、「奈良」はどうして「あをによし」なのか…。朝鮮語、字形、字源、陰陽までを交え、万葉の謎を解明。そこには驚きのメッセージが詰まっていた。

********************

読むに耐えない・・・。
どうしても、読了することができないので、断念。

たしかに、よく勉強している。
勉強とは、こうやって楽しむ物なのだという 
How to 物としては、良いかもしれない。
しかしながら、ダメだ・・・。
私が求めているのは、大学在学生が書く 読むに耐えない 
レポートレベルの読み物ではないのだ。

そういえば、私も在学中は こういう 論文ぽい物を
書いていたな~と思い出した。
担当教授から
「欲しい結果の、証拠さがしは やめるように」
と、なんども注意されたな。
今から思うと、読むに耐えないものを 教授に読ませていたのだと
深く反省する。
仕事とはいえ、教授はよく 読んでくれたものだ。
まるで、拷問だ・・・。


しかし、今の私は この本を読む「仕事」をしているわけではない!
読めない・・・1行読むごとに 不快感がつのる。

「ああ、こんなこと、現地に行ったらすぐ わかるのに」
という内容もすごい発見のように偉そうに書きなぐる。
どうなのよ・・・。

まあ、良い。忘れよう。

それにしても、またもや 奈良に行きたくなったぞ。
明日香散歩したくなったぞ♪
石上神宮はどうだ?山辺の道は この季節、蝋梅が咲き始めたか?

行きたいねえ。行きたいぞ。

« しをんのしおり:三浦しをん | トップページ | 奴の小万と呼ばれた女:松井今朝子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しをんのしおり:三浦しをん | トップページ | 奴の小万と呼ばれた女:松井今朝子 »