« 「森のくまさん」(作詞:馬場祥弘) | トップページ | 風が強く吹いている:三浦しをん »

弱法師:中山可穂

タイトル 弱法師
著者/監督/Artist 中山 可穂
価格, 出版 ¥ 1,600 文藝春秋
評価 ★★★★
2007-02-24

【「BOOK」データベースより】
かなわぬ恋こそ、美しい。能をモチーフに現代の不可能な愛のかたちを描く、著者初の中篇小説集。

********************
恋とは死に至る病である。

そう、帯封には記してある。

私は、中山可穂の作品が大好きである。
ぎりぎりの精神状態でかかれた 
世界がいつも そこには広がっている。

とても切ない。

しかし、最近の私はこういう
美学という名で語られる 狂気が怖い。
惹かれるものを感じつつも、恐ろしいのである。
甘美な不幸の気配を感じつつ
できれば、その世界から遠いところに
我が身を置いておきたいと願う。

« 「森のくまさん」(作詞:馬場祥弘) | トップページ | 風が強く吹いている:三浦しをん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「森のくまさん」(作詞:馬場祥弘) | トップページ | 風が強く吹いている:三浦しをん »