« 窓を開けますか?:田辺聖子 | トップページ | 罪・万華鏡:佐々木丸美 »

ずぼら:田辺聖子

タイトルずぼら
著者/監督/Artist田辺 聖子
価格, 出版¥ 1,325 光文社
評価★★★
2007-06-20

【「BOOK」データベースより】
男と女はすれちがいがおもしろい。私はあと半年で三十歳―。男にはわからない秒読み開始。それでも「ええんちゃう。」と思う―。不思議な女ごころ、6つの物語。

Amazonに画像なし

********************
様々な年代の男女の1対1の人間関係を主体に描かれた
短編集。

とくに、「河内弁」が多用されていて 興味深い。
八尾にすむ男性の話があるが
「八尾っこは、大阪の江戸っ子や」
というのがある。
なんのこっちゃ?っていう 感じだが
なにしろ すさまじいまでに河内弁をしゃべる。

残念ながら、私はここまでの河内弁を聞いたことがない。

誰か、居ないだろうか・・・。
ネイティブな河内弁をしゃべる人。
そっと 部屋の角で聞いてみたい。

ところで、田辺聖子を今日までに続けて何冊か読んできたが
ランダムに選んだはずなのだが
全部同じトーンの様な感じがする。
男の価値観、女の価値観がよく似た主人公が出てくる。
最初は、衝撃的であったけれど
ここまで繰り返されると、洗脳されてしまいそうだ。

良いことだろうか・・・悪いことだろうか・・・。

« 窓を開けますか?:田辺聖子 | トップページ | 罪・万華鏡:佐々木丸美 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窓を開けますか?:田辺聖子 | トップページ | 罪・万華鏡:佐々木丸美 »