« 金春屋ゴメス:西條奈加 | トップページ | 実家の怪獣猫 »

サイン会はいかが?:大崎 梢

タイトルサイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
著者/監督/Artist大崎 梢
価格, 出版¥ 1,575 東京創元社
評価★★★★
2007-09-25

おなじみの成風堂書店を舞台にしたミステリーが五つ。
他人の名を語り本を注文する迷惑ないたずらのようなミステリーや
本屋に まつわるエピソードをつづった「君と語る永遠」他
タイトルになっている「サイン会はいかが?」など
書店でおきるミステリーもの。

********************
気軽に読めて、楽しい。
以前にもこのシリーズを読んだが、どれも 書店を舞台に起きるミステリー。
本屋好きには、たまらない。
ところで、後書きに 学生時代に良く行っていた書店が無くなった書いてあった。
そうなのか。
あそこは、上に「栞」というカフェがあって とても気に入っていたのに。
そういえば、古書店はどうしたのだろう?
隅から隅まで探して、渋澤や近世モノなどを探したな~。
東口に大型店ができてしまったので、すっかりそちらに客を奪われてしまったのだろうか。
ずっとあるだろうと妙に安心していただけに、いつの間にか無くなってしまったことが一層切ない。

この本にも、亡き父とのかすかな思い出を書店に見いだす少年の話がある。
そうそう、小学生くらいの時って広辞苑を片手では持ち上げられなかったな・・・。
今でも ちょっとキツイかも。

« 金春屋ゴメス:西條奈加 | トップページ | 実家の怪獣猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金春屋ゴメス:西條奈加 | トップページ | 実家の怪獣猫 »