« 実家の怪獣猫 | トップページ | 久しぶりにPC購入 »

しゃべれどもしゃべれども:佐藤 多佳子

タイトルしゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
著者/監督/Artist佐藤 多佳子
価格, 出版¥ 620 新潮社
評価★★★
2008-04-01

【「BOOK」データベースより】
俺は今昔亭三つ葉。当年二十六。三度のメシより落語が好きで、噺家になったはいいが、未だ前座よりちょい上の二ツ目。自慢じゃないが、頑固でめっぽう気が短い。女の気持ちにゃとんと疎い。そんな俺に、落語指南を頼む物好きが現われた。だけどこれが困りもんばっかりで…胸がキュンとして、思わずグッときて、むくむく元気が出てくる。読み終えたらあなたもいい人になってる率100%。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本の雑誌の賞を取ったようなので、東京行きの新幹線用に購入し
読んだ。
なにやら、読みやすそうだったからだ。

評判も上々。
近々、映画化もされるらしい。
なるほど、この作品なら 登場人物が それぞれキャラクター的に
面白い。

この作品から、学ぶというような そんな事を考える必要はない。
エンターテイメントなのだから。
読書時間だけでも、気持ちよくすごせる
それだけで 良い人生をすごせそうではないか。

« 実家の怪獣猫 | トップページ | 久しぶりにPC購入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実家の怪獣猫 | トップページ | 久しぶりにPC購入 »