« 家呑み! | トップページ | 玉造・空堀ポタ »

デビルゾーン突入 編

20100606134257さて、お待たせしました。

滝畑ダムから岩湧山方面へ登り
トンネルを過ぎて、分岐点より~の続きです。

さて・・・ここであくせるさんから
コース説明がありました。

「ここから先は、しばらく足つきしたら、クリートが拾えませんので
がんばりましょう」
と・・・。

う~~ん。そうですか~。

とりあえず、SS木さんがダッシュで消えていきました。
それに続くように、皆さん 次々に登り始めます。
私は・・・といえば、いつもながら最後尾からゆっくりとスタート。

スタートしてすぐに、斜めラインの入ったコンクリートゾーンに。

うは・・・き・・キツイ!

しばらく我慢して乗車して登って行ったけれども
いつまでたっても、このコンクリートゾーンが終了する気配がない。

うは~~、これがうわさに聞いた 激激坂ゾーンですか。
あちらこちらに、落石がころがり
こりゃ 怖いな~。
なんて思っていたら、ガーミンが斜度18%を示す。
ひゃ~~、これ以上乗車してたら 身体が持たないわ~と
歩きに切り替える。

歩きだと時速3.5km/h
遅い・・・遅すぎる(笑)

この調子だと、どれほど皆さんをお待たせすることになるのやら・・・。

出来るだけ乗れるところは 乗ろうと思うけれど
どこもかしこも コンクリート斜めゾーン。
いつまでたっても コンクリート斜めゾーン。

木の陰から A上さんがクリートをカチっとはめて
リスタートしたのが見えた・・。

じゃ、私もあそこからリスタートしてみよう・・。
一瞬 平坦に見えるその場所も
斜度計の数値は8%・・・。

あうぅ。。。でも 行くしかない!

すぐにまたもやコンクリートゾーンがやってくる。
速度は5.3km/h

歩くのより多少速い・・って程度。

そういえば、この坂が始まる前に
「ルイさん、進んでいけば、いつかは 到着するから、がんばって」
って言ってたよなあ~と思い出し
そうだ、いつかは到着できるんだ・・とその言葉にしがみつき
がんばる、がんばる。

コンクリート斜めゾーンがあくせるさんの顔に見えてきた(笑)
あ~、まったく このエリアは デビルゾーンだなあ~
ひどいところに来ちまったぜ。。。と
ガツガツペダルを踏む。

しばらくすると、お迎え部隊がやってきた。
そして、ピークに到着。

はあ。。。良かった・・。

次にもう一山超えるのだけれど、あくせるさん曰く
「談笑している間に いつの間にか登りきれます」
とのこと。

ホントかな?と思ったけれど
「ホント、ホント」と繰り返すあくせる氏。

んじゃ、がんばりましょうか~ということで
登り始める。

そ・・・そりゃね、さっきの斜度に比べたら鈍いですけどね
だけど10%ありますぜ、あくせるの旦那。
旦那方は、10%の坂でも談笑しながら上れるでしょうが
あたしには、無理ですぜ。。。

ぜ~ぜ~~言いながら、息も絶え絶えに
足つきしないのが 精一杯でのぼりきる・・・。

集合場所で、皆さん 涼しい~顔して待っていてくださった。
ごめんなさい・・・遅くって。
でも、精一杯がんばってますぅ。。。

ってことで、次は 下りです。
激激坂の下りは、激激下りになるわけで・・・

いや~~、これが すっごく 怖かった。
怖かった~~怖かった~~。

ロードに乗り始めたばかりのとき、
TREKいちご自転車のブレーキが あまりにも腐ってて
止まれなかった あの時の恐怖がよみがえってきた。

斜度18%では、私ごときがフルブレーキをかけても
減速はできても、完全に停止することは 出来ないんだ~。

途中、あまりの怖さに 無理やり足で自転車をストップさせて
降車。
クリート音をカツカツ響かせて歩いて下る。

「なんで、止まれないんだろ?なんで 皆普通の顔してこの坂を下れるんだろう?」
と半泣き状態で、夫君に尋ねる。
そんな夫君は、私の歩く速度にあわせて乗車したまま。。

結局、下ハンを持って下らないとダメということに。
私・・・今まで、下ハンを持って坂を下ったことが無かったんです。
そんな練習してなかったんですよ。。。

でも、これ以上歩き続けると 他のメンバーをどれだけ
待たせたら良いのやら わからないので
片手ずつ下ハンを握る練習をして ブレーキをかけてみる。

おっかなびっくり・・・。

夫君に
道は分かるので、先に行ってもらってくれるよう
言って来てと頼む。

分かったとばかり、夫君はス~っと下っていく。
これで、気が楽になった。

と、思ったら 集合場所はすぐ そこだった。
そこから、天見出合いの辻まで行って 休憩ということに。

ここからも、かなりの斜度。
両手で下ハンを握り 下りスタート。

おお~、やれば出来るじゃないか~。
割と下ハンは安定してるんだな~と喜んでいたら、
だんだん、首だの腰だの痛くなってくる。
が、斜度があるので 一瞬たりともブレーキから手を離せない=ブラケットに手を戻せない。

これは・・・平地が出てくるまで 耐えるしかない!がんばれ!ルイG。

全身がガチガチになりそうになったところで
下り終了~。

下ハン姿のまま 集合地点へ。

あくせるさんに
「ほら~、下ハン 持てるようになりました~」
と披露(笑)

今回の大収穫です。>下ハン

この日、夕方から義母さんの主治医に呼ばれていたので
オールアウトになるわけには行かず
体力温存をこころがけ
その後は、平和にスクア~自宅へと帰りました。


いや~~、疲れました。

怖かったです、デビル・ゾーン。

そして、今年初の「アイスノンを抱きしめて就寝」をやりました。

全身のクールダウンが上手くいかず
いつまでも暑くて 暑くて・・・寝苦しい夜を過ごしちゃいました。
おかげで、月曜日・火曜日は だらだら~でした。

そうそう、火曜日のガールズ・ポタのとき
ちょっとした坂道を登るとき
「よみがえる筋肉痛!」
でございました。

ふぅ。。。あの コース 怖すぎて嫌いですぅ。。。
もう、行きたくな~~い。

« 家呑み! | トップページ | 玉造・空堀ポタ »

コメント

もう行きたくな~~い、と言いながら、
また行きたくなりますって(^^)

あの上り下りを経験しとけば、暗峠以外はどこでもだいじょうぶですよ。
あ、こんど暗峠も行っときましょか(^^)

下り下ハンの収穫以外にも、上りも速くなってるし、
ルイさんますます進化してますよ。
自分はルイさんが初心者の頃も知ってるから、
今のルイさんホント凄いです。
この調子でまた行きましょね。

>デビルあくせる 様
いつも、私の実力以上のところに
お連れいただきまして、ありがとうございます。

今回もまた、デビルゾーンへご招待いただきましたこと、ウレシク思っております・・・。

去年の鍋谷~紀見峠といい
今回のコースといい、
ホントは行ってよかったな~と思っています。。。

相変わらず 遅い~~私ですが
また、どこか名物コース 連れて行ってください&ご指導くださいませ。

よろしくお願いします♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家呑み! | トップページ | 玉造・空堀ポタ »