« 理不尽はイヤだわ | トップページ | 『仏果を得ず』三浦しをん »

『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバード/伊坂 幸太郎
¥1,470
Amazon.co.jp

友人に「感想書くから!」とメールしておいたにも関わらず

テンポ良く読めてしまって、気持ちよかったので

その快楽を継続したくて
いつもの様に 感想を残しておく前に

次の本を読み出してしまった(汗)

忘れちゃう前に書かなきゃ!

「あのバス」で連れて行かれる主人公と、主人公を逃走しない様 見張り番の大柄の女性が、

「あのバス」に乗る前に繰り広げられるエピソード。

5人の女性と同時に付き合っていた主人公。

その女性達に順番に別れを告げていく・・・という話なのだが

これが、なかなか面白い。

5人と同時??

普通に考えると、酷い男だが

そこは、伊坂幸太郎が描く男。

な~んか、情けなくって、妙に誠実で憎めないキャラクター。

見張り役の女性は「マツコ デラックス」が、はまり役と

色々な人が、レビューしているけれど

まあ・・・実写で撮るとしたら まあ、彼女(?)かな~。

なかなか、味のあるキャラクター設定なのだ。

読み始める前に「理不尽な話」という多くのレビューを見たが

イヤイヤ、全く理不尽な話じゃあ ありません。

「もやっとした」 エンディング との意見もありましたが

イヤイヤ、「もやっとしている」というより

「ふわっとした」エンディング。

一つ一つの話が、短編集の様にまとまっているので

電車通勤中や、繁忙期のちょこっと読書には

読みやすく、お薦め♪

・・・という あまりにも普通~の感想文。

あ~、もうちょっと 感想を書きたいんだけど・・・

時間がないので ここまで。

« 理不尽はイヤだわ | トップページ | 『仏果を得ず』三浦しをん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理不尽はイヤだわ | トップページ | 『仏果を得ず』三浦しをん »