« なぜか ロードバイク | トップページ | 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 »

『ブレイズメス1990』海堂尊

ブレイズメス1990/海堂 尊

¥1,680
Amazon.co.jp
外科医三年目の世良雅志は、垣谷講師のお供に選ばれ、ニースへ。
天才外科医・天城雪彦を引き抜くことも世良の任務だった。
ギャンブルの結果で手術をするかどうか決めるという
型破りな外科医。
カネのために医療を行うと断言する優秀な外科医。
そんな彼らが、帰国後繰り広げる
病院のシステム改革と新医療センターの設立準備。
と、まあ こんなあらすじなわけです。
しかし、海堂尊の作る 桜宮という仮想シティーの
壮大なこと・・・。
おそらく、ほとんど 読んでいるはずなのだが
もう、人間関係と時代の流れを
把握できてません。
読みながら、人間関係を把握すべく、検索でもしようかな~と
思ったけれど、ちょうどこの本を読んでいるとき
インフルエンザ時に処方された タミフルがきつ過ぎて
そのダメージで もう 体中がだるく、首凝り 肩こり・・・体中が痛い痛い・・・。
辛い辛い中で、読了。
桜宮ワールドが把握できなくても
この作品はこれで、充分楽しめる。
特に今回の話は、軽いノリで読める。
「仮想」というのがぴったりの話である。
「お話」としては、この話の設定は
面白い。
好みの話だ。
軽く読み流せるエンターテイメントだ。

« なぜか ロードバイク | トップページ | 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜか ロードバイク | トップページ | 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 »