« 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 | トップページ | 地図好き »

『GOSICK Ⅶ』桜庭一樹

GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)/桜庭 一樹
¥620
Amazon.co.jp

3月25日に文庫書き下ろしとして発売されたばかり。

発売当日、震災後 停電のある地域に住む

姉や古くからの友人のために

ランタンを入手するために出かけた時に、購入。

通常、購入したら半日もしない間に読了してしまうのだけれど

今回ばかりは、どうも気持ちが落ち着かず

読む気になれなかった。

しかし、ようやく ここ2~3日 気持ちが落ち着いてきたので

少しずつ読む。

読むのだが・・・なんだろ・・・桜庭一樹。

彼女は忙しすぎなのか?、この雑な話の展開は。

最終部は、いつものクウォリティーに戻ってはいたが

それ以外は、読むに値しない。

読むのが辛くて、脳が拒否するのか

数行 目で追っただけで 眠くなる・・・。

今の私には、睡眠が必要なので

まあ、それは それで よいのだが。

この作品のサブタイトルは 『薔薇色の人生』だ。

薔薇色の人生・・・

薔薇色といって思い浮かぶのは、今までは

限りなく赤に近い色だったのだが

最近、ピンクにスライドしつつある。

どんな状況下においても

気持ちだけは、自分次第なのだ。

自力でコントロールする以外、方法はないのだ。

人には、それぞれ 家族以外には見せない

心の傷や、思いや、病んだ部分があるものだ。

それを、そっと隠して

外では、精々 元気そうに振舞っている 多くの人が居るのだ。

それを知らずに、弱さを盾に、

手におえない 思慮の無さで

周りを傷つけるとは、なんと 愚かなことか。

無知は罪悪である。

想像力の無い不寛容は、万死に値する。

それでも、私は そういう人達にも

どうか、ふんわりと やさしい幸せな時間を

取り戻して欲しいと 願うのだ。

全ての人が 自分なりの「薔薇色の人生」が送れますように!

« 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 | トップページ | 地図好き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『隠居の日向ぼっこ』杉浦日向子 | トップページ | 地図好き »